緑の日記

活動報告

みのり保育園(草津市)において、「平和の緑づくり事業」の記念植樹式を開催

2017.10.31

10月28日(土)に、みのり保育園(草津市)において、(株)平和堂様からご寄付いただいて平成26年度から進めている「平和の緑づくり事業」の記念植樹式を開催しました。今年度1カ所めです。当日は小雨がぱらつくあいにくの天気でしたが、平和堂のマスコットキャラクター「はとっぴー」も来てくれて、園児の皆さんの満面の笑顔の中で記念植樹式が進められました。当日は園創立40周年の記念行事もあり、多くの保護者の方々も参加していただきました。園児の代表、ラッドキ岸本園長先生等によってシンボルツリーの県の木「モミジ」に土かけをしていただきました。園内にはレモンの木、ミカンの木、ハナミズキ等も植えていただきました。

園児の皆さんからは元気な声で大事に育てていきますと言ってくれました。モミジ等の木も大きく育ってくれることと思います。写真上:モミジへの土かけ、写真下:全員での記念撮影

平成29年度 「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました

2017.10.25

10月24日(水)、県立長浜バイオ大学ドームを研修会場にお借りして、平成29年度「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました。

当日は午前中、樹木医北村正隆先生から「工場緑化と樹木管理」について講演をしていただき、午後は屋外研修として、ドーム敷地内において、樹木管理方法(剪定作業:北村先生、土壌改良作業:樹木医平塚英史先生)について実習を兼ねての現地指導を受けました。

県内の工場、事業所等から参加された37名の方は、北村、平塚両先生からの樹木管理にかかる講義と樹木管理実習を兼ねての現地指導を受けて、適正な緑地管理に努めたいという感想を述べられていました。

写真上:北村樹木医による講義、写真中:剪定作業実習、写真下:土壌改良作業実習

長浜市立塩津小学校において、平和の緑づくり事業(モミジの種取り・種まき)を実施

2017.10.25

10月20日(金)、塩津小学校(長浜市)において、一昨年(株)平和堂様からご寄付いただいた有料レジ袋収益金による平和の緑づくり事業で植栽されたモミジと既存のモミジからの種取りとポットへの種まき作業を鹿田樹木医さんから指導を受けながら実施しました。

4年生(12名)の皆さんは、鹿田さんによる種の飛び方のパフォーマンスに興味津々な眼差しで眺め、種取りと種まき作業では、来春には芽を出してねと願いを込めながら、丁寧に取り組んでくれました。

写真上:種まきの説明、写真中:種まき作業、写真下:全員での記念撮影

「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2017」に参加

2017.10.16

10月14日(土)、長浜市木之本運動広場において開催された県主催の「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2017」に参加しました。心配された天気も曇り空の中に、時折陽差しがさす時もありましたが、参加者は昨年より家族連れが幾分少なかった感じがしました。交流会では、平成29年度「緑の募金・緑化推進」標語コンクールの表彰式も行われ、最優秀賞(知事賞)の米津隼人さん(栗東市立金勝小)と優秀賞(県緑化推進会理事長賞)の熊谷友杜さん(長浜市立塩津小)に表彰状が授与されました。

当会ブースでは、写真コンクールの入賞作品の展示、緑化相談コーナーを設けて、緑の募金の啓発とともに、今年は森の名手・名人の認定者である太々野功さんによる「小原かご」の作製実演と「小原かご」の展示等も行いました。

写真上:標語コンクール表彰式、写真中:太々野さんの「小原かご」の作製実演状況、写真下:写真コンクール入賞作品の展示と緑化相談

巨木・名木巡りツアー(平成29年度第2回)の参加者が決まりました。

2017.10.06

巨木・名木巡りツアー(平成29年度第2回)につきましては、地方紙等で去る9/1~10/4まで参加者を募集しましたところ、実に定員の5倍強におよぶ242名の県民の皆様からご応募いただきありがとうございました。

当会としましては、沢山の応募がありましたので、厳正なる抽選で決定させていただきました。ご応募いただきました皆様には、本日、結果内容のハガキ・メールを発送させていただきました。

せっかくご応募いただきながら、残念にも選外になられた方には大変申し訳ありませんでした。

なお、来春も湖北地域で実施する予定でおりますので、楽しみにしていてください。

(写真は湖南市の弘法スギです。)

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.