緑の日記

活動報告

一般財団法人木原営林大和事業財団が野洲キッド緑の少年団を顕彰

2018.10.22

一般財団法人木原営林大和事業財団では、地域において緑化活動を継続して実行し、他団体の模範となる優れた緑の少年団を毎年全国で1団体顕彰されています。

このたび、野洲キッド緑の少年団が野洲市大篠原地先における植樹等の活動が評価され、10月21日(日)に野洲市総合防災センターにおいて顕彰式が行われました。顕彰式では一般財団法人木原営林大和事業財団の杉浦理事長より野洲キッド緑の少年団に表彰状の授与が行われました。おめでとうございました。

これからも引き続き植樹やボランティア活動に頑張って下さい。

「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2018」に参加

2018.10.15

10月13日(土)、長浜市余呉町のウッディパル余呉において開催された県主催の「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2018」に参加しました。天候にも恵まれ多くの人で賑わうなか、交流会の式典において、平成30年度「緑の募金・緑化推進」標語コンクールの表彰式が行われ、最優秀賞(知事賞)の鵜飼 紗さん(栗東市金勝小学校)に表彰状が授与されたほか、今年度、(公社)国土緑化推進機構より「森の名手・名人(森づくり部門)」に認定された中越豊さんへの認定証の伝達授与が行われました。

当会ブースでは、写真コンクールの入賞作品の展示や緑化相談コーナーを設けて、緑の募金の啓発を行いました。

写真上:標語コンクール表彰式、写真中:森の名手・名人認定証伝達授与、写真下:写真コンクール入賞作品の展示と緑化相談

平成30年度「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました

2018.10.05

10月4日(木)、草津市矢橋帰帆島にある滋賀県淡海環境プラザを研修会場にお借りして、平成30年度「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました。

当日は午前中、樹木医中西肇先生から「緑化と樹木管理について」の講義をしていただき、午後は屋外研修として、近くの公園内において、樹木管理方法(剪定作業:中西先生、土壌改良作業:樹木医平塚英史先生)について実習を兼ねての現地指導を受けました。

あいにく、小雨模様の天気でしたが、県内の工場、事業所等から参加された30名の方は、中西、平塚両先生からの樹木管理にかかる講義と樹木管理実習を兼ねての現地指導を熱心に受けておられました。

参加者からは「研修を踏まえ、適正な緑地管理に努めたい。」との声がありました。

 

写真上:中西樹木医による講義、写真中:剪定作業実習、写真下:土壌改良作業実習

「森林・緑と水といのち」写真コンクール入賞作品の展示のご案内

2018.09.10

県内各地で巡回展示をしております第17回「森林・緑と水といのち」写真コンクールの入賞作品について、本日より9月27日までアル・プラザ草津(草津市西渋川)2階で展示しておりますので、是非ご覧ください。

巨木・名木巡りツアー(平成30年度第2回)の開催(募集開始)

2018.09.06

平成27年度から歴史的緑の文化遺産ともいうべき県内の巨木・名木に直接触れることによって、緑の大切さを知っていただき、緑を守り育てる行動につながることを目的に、春と秋に開催しております「巨木・名木巡りツアー」ですが、今秋は湖東地域(彦根市・東近江市・甲良町・多賀町)で下記のとおり開催します。(写真は飯盛木のケヤキです。)なお、お昼は各自で用意してください。

1.日  時 平成30年10月24日(水)9時00分~16時00分
2.集合場所 JR彦根駅東口
3.内容(コース)

慈眼寺のスギ⇒飯盛木のケヤキ⇒十二相神社のスギ⇒南花沢のハナノキ⇒北花沢のハナノキ⇒ヒイラギの森⇒彦根城のマツ

4.講  師 辻 宏朗氏(滋賀の名木を訪ねる会 会長)
5.参 加 費 1,000円(保険代・資料代)
6.定  員 45名(定員がオーバーした場合は抽選)
7.応募資格 県内に居住または通勤・通学する方
8.申込方法

右側一番下のバナーの「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックして申し込んでください。

なお、「お問い合わせフォーム」のお問い合わせ内容の欄に住所、年齢を記載してください。

2名以上で申し込まれる場合は、お問い合わせ内容の欄に申し込まれる方全員の住所・氏名・年齢・電話番号を記載して下さい。

9.申込〆切 平成30年9月27日(木)必着
10.後  援 滋賀県

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.