緑の日記

緑の日記

diary

活動報告

春の「緑の募金」街頭啓発活動(4/1~5/31)が始まりました!

2021.04.01

緑の募金の運動期間が始まった4月1日(木)、県内の5か所の駅で、街頭募金活動をさせていただきました。

今回の活動では、事前に録音した音声をスピーカから流すとともに、スタッフの人数も制限するなど新型コロナウイルス感染症対策を十分講じたうえで実施させていただきました。

今後5月31日までの2ヶ月間、県内のJR各駅、ショッピングセンターなどで街頭募金活動をさせていただきますので、ご協力のほどよろしくお願いします。

写真上はJR大津駅前、写真下はJR石山駅前での募金風景

アインズ株式会社様から「エコカレンダー」の収益金を募金していただきました

2021.03.31

3月24日、アインズ株式会社様から2021年「緑の募金付きエコカレンダー」収益金を募金していただきました。このカレンダーは2009年から毎年企画・販売され、販売に伴う収益金の一部を当会に寄附していただいています。いただいた募金は県内の森づくり・緑づくりに活用させていただいています。ありがとうございます。

令和2年度緑化功労者「シャクナゲ賞」に海老澤秀夫様(高島市)を表彰

2021.03.15

3月15日、県公館において、今年度緑化功労者「シャクナゲ賞」の海老澤秀夫様に三日月知事から表彰状(ヒノキ木製)が、また当会の神田常務理事から記章が手渡されました。

「シャクナゲ賞」は地域の緑化や森づくりに永年にわたって地道に取り組まれ、地域の模範として特に功績のあった方を知事表彰するとともに、緑化や森づくりの重要性を啓発するため、当会としても協賛し記章の授与を行っています。

海老澤様は、NPO法人麻生里山センター理事として「くつきの森」を管理、運営していく中、森林の魅力を発信するため毎週各種の普及イベント開催を行ってこられました。2019年に「くつきの森」がSGEC森林認証に登録されて以降、その普及に加えて森林管理に一層の提案、尽力をされています。また、やまのこサポーターとしても活躍されています。

今後のますますのご活躍を期待しております。

「森の教室」を開催しました!

2021.03.04

2月24日、25日、26日に、甲賀市の伴谷幼稚園、甲南西保育園、甲南のぞみ保育園の3園で「森の教室」を開催しました。この「森の教室」は次代を担う幼稚園児・保育園児の皆さんに、人は森と深い関わりを持ちながら生活してきたことや森の持つ様々な働きや大切さを伝え教えたうえで、「どんぐりの苗木」を育ててもらう全国巡回型の教室です。今回はどんぐりくんの森とオンラインで繋がるという初の試みでした。園児の皆さんは、森のお姉さんやどんぐりくんのお話を聞いたり、一緒に体操をしたり、笑顔いっぱいで楽しんでくれました。そして、どんぐりの種をプランターに「芽が出ますように!」と植え付けてくれました。

園児の皆さんの思いを込めたどんぐりはきっと春には可愛い芽をだしてくれると思います。

写真は上からオンラインで森のお姉さんと会話する伴谷幼稚園の園児さん、元気いっぱい体操している甲南西保育園の皆さん、しっかりポーズを決めてくれている甲南のぞみ保育園の皆さん

 

県立陶芸の森(甲賀市)でゴルフ緑化協力金事業記念植樹式を開催

2021.02.24

2月24日(水)に県立陶芸の森(甲賀市)においてゴルフ緑化協力金記念植樹式を開催しました。この事業はゴルファーの皆さんからいただいた緑化協力金を活用して公共施設の緑化推進を図るものであります。本県ではローズゴルフクラブ様の協力を得て公共施設に植樹をさせていただきました。
今年度は県立陶芸の森の陶芸館前にシダレザクラ1本と園内の車道沿いに神代アケボノを5本植樹させていただきました。シダレザクラは樹高も高く立派なもので式典の参加者も見とれていました。また、神代アケボノについてはここ5年間で51本植樹させていただいており、桜のシーズンには来館者の目を楽しませてくれるものと思います。

巨木・名木のご紹介

「森林・緑と水といのち」写真コンクール結果発表!

「緑の募金」「緑化推進」標語コンクール結果発表!

お問い合わせ先

住所 〒520-0807
大津市松本1-2-1
滋賀県大津合同庁舎内
TEL 077-522-7828
FAX 077-516-7858

お問い合わせ

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.