緑の日記

活動報告

県立陶芸の森(甲賀市)でゴルフ緑化協力金事業記念植樹式を開催

2020.02.21

2月21日(金)に県立陶芸の森(甲賀市)においてゴルフ緑化協力金記念植樹式を開催しました。この事業はゴルファーの皆さんからいただいた緑化協力金を活用して公共施設の緑化推進を図るものであります。本県ではローズゴルフクラブ様の協力を得て公共施設に植樹をさせていただきました。
今年度も県立陶芸の森の駐車場に神代アケボノを11本植樹させていただきました。神代アケボノについてはここ4年間で46本植樹させていただいており、桜のシーズンには来館者の目を楽しませてくれるものと思います。

(公財)関西みらい銀行緑と水の基金様と琵琶湖汽船(株)様からサクラの苗木を寄贈

2020.02.05

2月5日(水)に、(公財)関西みらい銀行緑と水の基金(北幸二理事長)様と琵琶湖汽船(株)(川戸良幸社長)様からさくらの苗木(ソメイヨシノ・ヤマザクラ・神代アケボノ)650本を当会名誉会長の生田邦夫県議会議長に目録により手渡されました。
1975年(昭和50年)に本県で開催された「第26回全国植樹祭」を記念して毎年寄贈を受けており、今年度で45回目になります。これまでに寄贈いただいた本数は累計で53,695本にもなります。今春も県内各地に植えられた多くのサクラが県民の皆さんをはじめ、多くの方の目を楽しませてくれると思います。写真は左から川戸社長、生田名誉会長、北理事長

「森林環境教育・森林ESD」「緑の少年団」推進 地域セミナーの開催について(1月29日)

2020.01.08

令和3年に滋賀県で開催されます第72回全国植樹祭を契機に「緑の少年団」が、全国植樹祭関連活動への参加のみならず、持続的な活動が実施できるよう、関係者の理解と推進体制の構築が必要であることから、森林環境教育・森林ESDと緑の少年団との連携を推進するためのセミナーを別添開催要項のとおり公益社団法人国土緑化推進機構の主催及び滋賀県、当会、緑の少年団滋賀県連盟の共催により開催することとなりました。
参加を希望される方は別添参加申込書にご記入いただきメール、ファックスでお知らせください。当ホームページ右側一番下のバナーの「メールでのお問い合わせはこちら」からでも参加申込みできます。「お問い合わせフォーム」のお問い合わせ内容の欄に地域セミナー参加と住所、その他を記載してください。
【緑の少年団】2019年度地方セミナー_開催要項
参加申込書

「三方よしエコフェア2019」で「緑の募金」の啓発

2019.12.09

12月7日(土)に、ピアザ淡海(大津市におの浜)で開催された「三方よしエコフェア2019」(主催:(一社)滋賀グリーン活動ネットワーク事務局)において、「緑の募金」の啓発活動を行いました。
当日、自然素材(アケビの蔓)、マツボックリ等を使ってのクリスマスリースづくりには、多くの子どもたちや家族連れに人気があり、コーナーは終日満員状態で、みな、思い思いにリースづくりに取り組んでおられました。自然素材を使うことによって、森林・みどりの大切さを感じてもらうことができたのではないかと思います。

滋賀短期大学附属高校生がボランティア学習の一環として、「緑の募金」街頭啓発活動を実施

2019.12.05

12月4日(水)の午後、JR大津駅前において、滋賀短期大学付属高校生の皆さんによる「緑の募金」街頭啓発活動が行われました。今年度4回目の活動ですが、今回は多くの生徒さんに参加していただきました。高校生の皆さんのさわやかな呼びかけに、通行人の方々も足を止めて募金をしていただき、緑化推進の啓発を図ることができました。
滋賀短期大学付属高校生の皆さん、ご協力ありがとうございました。

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.