緑の日記

活動報告

「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2019」に参加

2019.10.07

10月5日(土)、長浜市余呉町のウッディパル余呉において開催された県主催の「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2019」に参加しました。天候にも恵まれ多くの人で賑わうなか、交流会の式典において、令和元年度「緑の募金・緑化推進」標語コンクールの表彰式が行われ、最優秀賞(知事賞)の辰己柚葉さん(長浜市浅井小学校)と優秀賞(滋賀県緑化推進会理事長賞)の西橋一馬さん(栗東市金勝小学校)に表彰状が授与されました。
当会ブースでは、写真コンクールの入賞作品の展示や緑化相談コーナーを設けて、緑の募金の啓発を行いました。

写真上:標語コンクール表彰式、写真下:写真コンクール入賞作品の展示と緑化相談

令和元年度「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました

2019.10.04

10月2日(水)、彦根市にある滋賀県立大学を研修会場にお借りして、令和元年度「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました。
当日は午前中、樹木医北村正隆先生から「緑化と樹木管理について」の講義をしていただき、午後は大学敷地内において、樹木管理方法(剪定作業:北村先生、土壌改良作業:樹木医平塚英史先生)について現地指導を受けました。
天候が心配されましたが、幸いにも雨に降られることもなく県内の工場、事業所等から参加された方々は、北村、平塚両先生からの樹木管理にかかる講義と樹木管理実習を兼ねての現地指導を熱心に受けておられました。

上:北村樹木医による講義、写真中:剪定作業実習、写真下:土壌改良作業実習

「森林・緑と水といのち」写真コンクール入賞作品の展示のご案内

2019.09.09

県内各地で巡回展示をしております第18回「森林・緑と水といのち」写真コンクールの入賞作品について、本日より9月26日までアル・プラザ草津(草津市西渋川)2階で展示しておりますので、是非ご覧ください。

巨木・名木巡りツアー(令和元年度第2回目)の開催(募集開始)

2019.09.06

平成27年度から歴史的緑の文化遺産ともいうべき県内の巨木・名木に直接触れることによって、緑の大切さを知っていただき、緑を守り育てる行動につながることを目的に、春と秋に開催しております「巨木・名木巡りツアー」ですが、今秋は湖北地域(米原市)で下記のとおり開催します。(写真は清滝のイブキです。)なお、お昼は各自で用意してください。

1.日  時 令和元年10月30日(水)10時~15時30分
2.集合場所 JR米原駅東口
3.内容(コース)

蓮華寺の一向スギ⇒了徳寺のオハツキイチョウ⇒清滝のイブキ⇒杉沢のケヤキ⇒曲谷の乳イチョウ⇒吉槻のカツラ

4.講  師 辻 宏朗氏(滋賀の名木を訪ねる会 会長)
5.参 加 費 1,000円(保険代・資料代)
6.定  員 45名(定員がオーバーした場合は抽選)
7.応募資格 県内に居住または通勤・通学する方
8.申込方法

右側一番下のバナーの「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックして申し込んでください。

なお、「お問い合わせフォーム」のお問い合わせ内容の欄に住所、年齢を記載してください。

2名以上で申し込まれる場合は、お問い合わせ内容の欄に申し込まれる方全員の住所・氏名・年齢・電話番号を記載して下さい。

9.申込〆切 令和元年10月3日(木)必着
10.後  援 滋賀県

秋の募金活動が始まりました(9/1~10/31)

2019.09.02

9月1日から秋の募金運動が始まりました。初日の9月1日(日)には、エイスクエアー(草津市)において、知事、県議会議長、ボーイスカウト滋賀連盟等の方々にご協力いただき、街頭募金活動を実施しました。

9月2日(月)にはJR大津駅、JR膳所駅をはじめ、県内のJR駅前において各種団体、企業等の皆さんのご協力のもと、街頭募金啓発活動を実施しました。10月31日までの2カ月間、県内の商業施設等で街頭募金啓発活動を実施しますので、湖国の森林・緑づくりへのご協力のほどよろしくお願いします。

写真:9月1日エイスクエア(草津市)9月2日大津駅

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.