巨木・名木のご紹介

白谷の夫婦ツバキ(高島市マキノ町白谷343)

白谷の夫婦ツバキ

白谷の夫婦ツバキ(全景)

土壌改良

土壌改良

概要

  • ・樹種:ヤブツバキ
  • ・樹高:8.6m、7.5m
  • ・幹周り:170cm~260cm
  • ・樹齢:400年、200年(推定)

白谷集落の中にあり、二本のヤブツバキの古木が寄り添うように見えることから「夫婦ツバキ」と呼ばれる。近年、衰退が目立つが、保存協力会もできて保護が図られている。隣接して、白谷歴史民俗博物館がある。代々地元の庄屋を務めてきた大村家のもので、2万点余りの小学校関連資料も収蔵されている。

治療概要(平成25年度)

・土壌改良(土壌改良材の投与)
・枯れ枝の剪定
・腐朽部分の修復
・保護柵の設置

交通アクセス

電車

湖北バイパス(国道161号)沢ランプよりマキノ高原方向へ北上約5.4km

住所

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.