巨木・名木のご紹介

新神社(しんじんじゃ)のタブノキ(彦根市岡町156)

新神社のタブノキ

新神社のタブノキ(全景)

枯れ枝の剪定

樹幹内部診断(レジストグラフ)

概要

  • ・樹種:タブノキ
  • ・樹高:23m
  • ・幹周り:390cm
  • ・樹齢:200年(推定)

永享12年(1441年)日吉山大権現より大神の御分霊を遷し、明治元年新神社と改したと伝わる。背後の山頂を雨壺山といい、旱魃(かんばつ)時、降雨祈祷の神事を行うと御神徳があるといわれている。本殿の裏の傾斜地にタブノキがある。斜面に大きな根が露出して本殿に迫ってきている。            
彦根市指定保存樹

治療概要(平成25年度)

・枯れ枝の剪定
・萌芽枝の剪定

交通アクセス

電車

JR琵琶湖線「彦根駅」から近江鉄道線に乗り換えて、「彦根口駅」で下車、徒歩5分

名神高速彦根ICから約3.7km

住所

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.