緑の日記

活動報告

長浜市で「巨木・名木巡りツアー」を開催。巨木・名木の壮大さに感動

2018.06.07

6月6日(水)に長浜市内の6箇所の巨木・名木を巡る「巨木・名木巡りツアー」を実施しました。当日は、朝から小雨が降るあいにくの天候でしたが、県内各地から抽選で当選された参加者の方々は、毎回講師をお願いしている辻宏朗さん(滋賀の名木を訪ねる会 会長)の歴史的背景も織り交ぜた樹木の解説に熱心に耳を傾けられておられました。参加者の方々はその壮大さに驚きながら、巨木・名木の凄さを感じておられました。

このツアーは平成27年度から年2回づつ実施しており、今回で7回目で、今年の秋にも実施する予定です。

写真は上から唐川のスギ(長浜市高月町唐川)、黒田のアカガシ(長浜市木之本町黒田)、柏原のケヤキ(長浜市高月町橋原)

平成29年度「森林・緑と水といのち」写真コンクール入賞作品の展示のご案内

2018.05.28

県内各地で巡回展示(無料)をしております第17回「森林・緑と水といのち」写真コンクールの入賞作品ですが、現在は次の会場で展示しておりますので、是非ご覧ください。
今津東コミュニティセンター(高島市今津町中沼)1階にて (6月14日(木)まで)
次回の展示は6/18(月)~7/5(木)長浜文化芸術会館(長浜市大島町)にて

写真は今津東コミュニティセンターでの展示状況

「びわこ地球市民の森のつどい2018」で緑の募金の啓発

2018.05.28

5月27日(日)に、「びわこ地球市民の森のつどい2018」(守山市水保町)が木々の新緑が映える中で開催され、「第17回森林・緑と水といのち写真コンクール」の表彰とともに、森林づくりセンター内で「緑化相談コーナー」を設けて、つどいの参加者からの相談と写真コンクール入賞作品36点の展示を行いました。
4年連続で好天気に恵まれ当日は県内各地から大勢の家族連れの皆さんが訪れられ、園内をウオーキングをしながら、普段では味わえない自然とのふれあう心地よさを楽しんでおられました。
また、当日、「びわこ地球市民の森」様から当推進会に募金の贈呈がありました。

当日の参加者:約4,000人
写真は上から写真コンクール特選(知事賞)表彰式、写真コンクール入賞作品展示(当会ブース内)緑化相談コーナーの様子、募金の贈呈式

(公財)関西アーバン銀行緑と水の基金様から緑化苗木の贈呈

2018.05.24

5月24日(木)に、公益財団法人関西アーバン銀行緑と水の基金(理事長山田督)様から当緑化推進会名誉会長(滋賀県議会議長川島隆二)に緑化苗木(白梅)218本が贈呈されました。
1975年(昭和50年)に本県で開催された「第26回全国植樹祭」を記念して取り組まれているもので、2017年(平成29年)までの43年間に56,211本の緑化苗木の贈呈を受けています。今回贈呈を受けた白梅は県内の学校等で植樹されます。

「第7回巨木・名木巡りツアー」の参加者が決まりました

2018.05.16

「第7回巨木・名木巡りツアー」につきましては、地方紙等で去る4月10日から5月10日まで参加者を募集しましたところ、定員の3.6倍を超える164名もの沢山の県民の皆様からご応募いただきありがとうございました。
当会としましては、沢山の応募がありましたので、厳正なる抽選で参加者の方を決定させていただきました。ご応募いただきました皆様には抽選結果をハガキもしくはメールでお送りさせていただきました。
なお、せっかくお申し込みいただきながら、残念にも選外になられた方には申し訳ありませんでした。なお、今秋も実施する予定です。(実施地域:湖東地域)楽しみにしていてください。
(写真は長浜市柏原のケヤキです。)

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.