緑の日記

活動報告

そらの鳥こども園にて、「平和の緑づくり事業」記念植樹式を開催

2017.11.28

11月27日(月)に、この時期には珍しく晴れ渡った冬空のもと、そらの鳥こども園(東近江市)において、(株)平和堂様から有料レジ袋の収益金をご寄付いただいて進めている「平和の緑づくり事業」の記念植樹式を開催しました。今年度6カ所目です。

園児の皆さんが元気いっぱいの声で「はとっぴー」と呼ぶと、平和堂のマスコットキャラクター「はとっぴー」が登場し、園児の皆さんは笑顔いっぱいの表情でした。そして、こども園の正面玄関にシンボルツリーとして県の木である「モミジ」を植樹しました。

当日は園児の代表にもアスナロやモミの木へ土かけをしていただき、賛美歌「かみさまにかんしゃ」というお礼の歌を園児の皆さんが可愛い声で歌ってくれました。モミジをはじめ、アスナロなど多くの木が園児の皆さんで大事に育ててくれることと思います。

写真は上から寄付者挨拶⇒モミジへの土かけ⇒園児による土かけ⇒全員での記念撮影

滋賀短期大学附属高校生がボランティア学習の一環として、今年も「緑の募金」街頭啓発活動を実施

2017.11.22

11月22日(水)の午後、JR大津駅前において、滋賀短期大学付属高校生の皆さんによる「緑の募金」街頭啓発活動が行われました。この活動はボランティア学習の一環として一昨年に続いて、今年も実施されました。
今回で4回目になります。いつものように女子生徒の皆さんのさわやかな呼びかけに、通行人の方々も足を止めて募金をしていただき、緑化推進の啓発を図ることができました。
滋賀短期大学付属高校生の皆さん、ご協力ありがとうございました。

老上西まちづくりセンター(草津市)において、「平和の緑づくり事業」記念植樹式を開催

2017.11.22

11月22日(水)に、老上西まちづくりセンター(草津市)において、(株)平和堂様から有料レジ袋の収益金をご寄付いただいて進めている「平和の緑づくり事業」の記念植樹式が開催されました。新しく2年前に建てられた同センターの南側の市道に面したところにシンボルツリーとして県の木である「モミジ」が植樹されました。また、同センター敷地内にはハナミズキやイチゴノキなども植えられ、同センターを訪れる市民の皆さんの目を楽しませてくれることと思います。今年度5カ所目です。

写真は上からモミジへの土かけ⇒全員での記念撮影

ひまわり幼児園にて、「平和の緑づくり事業」記念植樹式を開催

2017.11.22

11月21日(火)に、ひまわり幼児園(東近江市)において、(株)平和堂様から有料レジ袋の収益金をご寄付いただいて進めている「平和の緑づくり事業」の記念植樹式が久々に陽差しが差し込む中、平和堂のマスコットキャラクター「はとっぴー」も参加のもとで開催されました。緑の少ない同幼児園の南西側にシンボルツリーとして県の木である「モミジ」が植樹されました。今年度、4カ所目です。

当日は、園児の皆さんが「まっかな秋」という歌を元気よく歌ってくれて、モミジやツツジも、きっと園児の皆さんと一緒にすくすくと育ってくれることと思います。

写真は上からモミジへの土かけ⇒園児代表によるツツジへの土かけ⇒園児の皆さんによるお礼の歌⇒全員での記念撮影

 

巨木・名木治療研修会を開催

2017.11.15

11月14日(火)に、県民の皆さんに緑の文化遺産ともいうべき巨木・名木への関心と理解を深めていただくために、「巨木・名木治療研修会」を樹下神社(大津市木戸)で開催しました。

神社内にある推定樹齢250年以上のヤマザクラの巨木は、枝先が枯れ始める等樹勢が弱ってきていることもあって、今回、樹勢回復のための土壌改良等行うことにしたものであります。

当日はあいにくの天気でしたが、参加された方々は樹木医の鹿田先生から樹木診断のキーポイントとその治療方法の説明等を聞き入りながら、時々メモを取るなど樹木に関わる知識を高めておられました。

写真は上から、鹿田樹木医による講義、樹木診断のポイント説明(ヤマザクラ)、加圧注入による土壌改良作業

 

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.