緑の日記

活動報告

しらやま保育園で平和の緑づくり事業(モミジの種取り・種まき)を実施

2019.10.25

10月23日(木)に長浜市加納町のしらやま保育園で、モミジの種をポットに植える作業を実施しました。
心配された雨も降らず、園児たちは樹木医の鹿田さんの植物の種についての話を興味深く聞きながら、一生懸命、種播き作業に取り組んでくれました。

写真上:種まきの説明、写真中:種まき作業、写真下:水やり

滋賀短期大学附属高校生がボランティア学習の一環として、「緑の募金」街頭啓発活動を実施

2019.10.24

10月23日(水)の午後、JR大津駅前において、滋賀短期大学付属高校生の皆さんによる「緑の募金」街頭啓発活動が行われました。この活動はボランティア学習の一環として実施しています。
高校生の皆さんのさわやかな呼びかけに、通行人の方々も足を止めて募金をしていただき、緑化推進の啓発を図ることができました。
滋賀短期大学付属高校生の皆さん、ご協力ありがとうございました。

認定こども園長岡学園において、平和の緑づくり事業(モミジの種取り・種まき)を実施

2019.10.18

認定こども園長岡学園(米原市長岡)においては、昨年(株)平和堂様からご寄付いただいた有料レジ袋収益金による平和の緑づくり事業によりモミジ等を植栽していただきましたが、10月18日(金)にモミジの種をポットに植える作業を鹿田樹木医さんから指導を受けながら実施しました。
あいにくの雨でしたが、参加した17名の園児の皆さんは、鹿田さんによる種の飛び方などのパフォーマンスを興味津々な眼差しで眺め、種取りと種まき作業では、来春には芽を出してねと願いを込めながら、丁寧に取り組んでくれました。

写真上:ミミジの種の説明、写真下:種まき作業

「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2019」に参加

2019.10.07

10月5日(土)、長浜市余呉町のウッディパル余呉において開催された県主催の「山を活かす!山を守る!山に暮らす交流会2019」に参加しました。天候にも恵まれ多くの人で賑わうなか、交流会の式典において、令和元年度「緑の募金・緑化推進」標語コンクールの表彰式が行われ、最優秀賞(知事賞)の辰己柚葉さん(長浜市浅井小学校)と優秀賞(滋賀県緑化推進会理事長賞)の西橋一馬さん(栗東市金勝小学校)に表彰状が授与されました。
当会ブースでは、写真コンクールの入賞作品の展示や緑化相談コーナーを設けて、緑の募金の啓発を行いました。

写真上:標語コンクール表彰式、写真下:写真コンクール入賞作品の展示と緑化相談

令和元年度「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました

2019.10.04

10月2日(水)、彦根市にある滋賀県立大学を研修会場にお借りして、令和元年度「緑化推進団体等担当者研修会」を開催しました。
当日は午前中、樹木医北村正隆先生から「緑化と樹木管理について」の講義をしていただき、午後は大学敷地内において、樹木管理方法(剪定作業:北村先生、土壌改良作業:樹木医平塚英史先生)について現地指導を受けました。
天候が心配されましたが、幸いにも雨に降られることもなく県内の工場、事業所等から参加された方々は、北村、平塚両先生からの樹木管理にかかる講義と樹木管理実習を兼ねての現地指導を熱心に受けておられました。

上:北村樹木医による講義、写真中:剪定作業実習、写真下:土壌改良作業実習

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.