緑の少年団

緑の少年団について

緑の少年団は、昭和35年に『国土緑化推進委員会(現在の公益社団法人国土緑化推進機構)』が、 グリーンスカウトの名前で少年団をつくるよう呼びかけたのが始まりです。
緑の少年団は、「緑を愛し、緑を守り育てる」という目的で、学習会や体験活動のほかいろんな活動に参加しています。

緑の少年団は、つぎの3つの分野で活動しています

学習活動
森林や緑の働きについての学習や自然についての学習、植物や野鳥・昆虫などの観察会、間伐や枝切り・シイタケ栽培などの森づくり体験に参加しています。
ボランティア活動
緑の募金活動や、緑化フェアなどのイベントに参加したり、公園のそうじや植樹・手入れ、表示板の取り付けなどのボランティア活動を行っています。
レクリエーション活動
近くの森や公園を使って、ハイキングやキャンプ、木工クラフトなどを行い、森や緑など自然を大切にする心を養っています。

緑の少年団のみなさんへ

森がつくる小さな流れはいのちのもとです

緑の少年団の活動で森へ行ったとき、何を見ましたか?どこへ行っても、小さな、きれいな流れがあったでしょう。小さな流れが集まってだんだんおおきな川になっていたでしょう。

びわ湖のまわりの森は、きれいな水をいっぱい生み出して、田や畑、みんなのまちを流れて、びわ湖をいっぱいにしています。川でも、びわ湖でも、魚や虫やいろいろな生き物が生きています。みなさんの飲む水も、森で生まれて、地下水やびわ湖から水道になっているのです。

森はいのちのもとですね。

緑の少年団は、緑を育て、守る活動していますね。木を植えて、草かりなどの世話をしていますね。遠くの緑の少年団と出会える交流会や公園・川のそうじなど人々のためになる活動などたくさんの活動をしていますね。みなさんと同じ活動をしているお友だちは、滋賀県では3,500人以上もいるのですよ。

「緑の少年団滋賀県連盟」は、みなさんの、このような、森と緑を育て、守る活動を応援しています。各地の緑の少年団のリーダーの人たちと相談しながら、緑を育て、守るための楽しい活動をたくさん計画しています。

みなさんの入っている緑の少年団でもいろんな活動が考えられているでしょう。

みなさんの力は、集まるととっても大きな力になるのです。できるだけ参加して、緑を育てましょうね。

©2014 Shiga National Land Afforestation Promotion Organization.